詩伝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある感覚との30年ぶりの再会

青春の頃、
友人宅でふと断片的に垣間聴いた
君の音がずっと私の心に残っていて
それが確かに価値あるものか
当時の耳の判断力を確かめたくて
記憶を辿り、それと思しきものがないかと
ネットの中を探していたけど
やっと見つけた! そして届いた

30年ぶりの再会
あの日、私は君の何を聴いて
記憶に留めておこうとしたのか
それが今、やっとわかった

なるほどな 後がない... か
自分でも懐かしい感覚だよ
あの時は私もそうだった
君は同じ心で歌う、当時の私と同類だったんだ

CDのライナーを読んで、今更ながらに
フフッ と漏らした 
だって同い齢だったんだものな
そりゃ気概も合うってものだわ
リアルで会えて話が出来れば
きっとすごく盛り上がれたかも..

そんな夢さえ、遠くなった記憶を彩る
この素晴らしく覇気漲る声

もっとも君が歌ったのは その時よりまだ
30年も前だったのだが
(だから俺、まだ生まれてないってw)


テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

  1. 2014/09/22(月) 20:33:47|
  2. | コメント:0
<<バッタ | ホーム | 秋が好きなのは>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

 詩伝

Author: 詩伝
 ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

フリーエリア

  ブログランキング・にほんブログ村へ

PV (Since 2014 Jan. 20)

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。